まぐろの豆知識 江戸前寿司 出張寿司 | 東京都江東区 天狗鮨

天狗鮨鮨
HOME >> マグロの豆知識
03-3699-1144

まぐろの豆知識

まぐろの説明と種類

まぐろ マグロとは、スズキ目サバ科マグロ属の海水魚の総称。
寿司ダネの王者マグロも、その昔は下魚としてさげすまれ、トロにいたっては猫またぎといわれた時代もありました。ところが昭和40年代頃から異常なほどの人気ネタとなりました。1本のマグロからとれる大トロは全体の8%しかなく、今や最高のぜいたく品となっています。

【マグロの種類】

クロマグロ(本マグロ)は大西洋、地中海、日本近海で獲れます。近海で獲れることから昔から親しまれてきたのは、この種類です。
ミナミマグロ(インドマグロ)はオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ沖で獲れます。
その他マグロの中でも漁獲量が一番多いのがメバチマグロ。赤身のあっさりした味わいのキハダマグロなどがいます。
   
【まぐろのすぐれた栄養価と効用】
  【栄養価】築地市場のまぐろ
タンパク質、ビタミン(A,B1,B2,D),アミノ酸、DHA、カりウムなど、体にいい栄養素が含まれています。

【効用】
 1. 美容
 2. 肝臓の動きを助ける
 3. 動脈硬化の予防
 4. 心筋こうそく、脳こうそくの予防
 5. 頭の働きを良くする
 6. 子供の栄養代謝を助ける
 7. 体内の水分を正常に保つ
 8. 貧血の予防などに効果がある

といわれ、大変ヘルシーな食材として高い評価を受けています。
   
  なぜ まぐろ というのか?
  目が黒いことから「眼黒(まぐろ)」の意味とする説や、背が黒く海を泳ぐ姿が真っ黒な小山に見えることから「真黒(まぐろ)」の意味とする説もあります。
マグロはどれも目が黒いため、「眼黒」の説がいまでは有力と考えられていますが、マグロの代表がクロマグロであるので、「真黒」の説も可能性があります。
大型のマグロを「シビ」、小型のマグロを「メジ」と呼ぶこともあります。
   
  の漢字
 

の字は存在を表しており、大きなマグロにその字をあてたそうです。
の本来の意味はチョウザメの事であるといわれています。